「予備校」と「家庭教師」の違いは?

「予備校」と「家庭教師」の違いは?比較

現在、高校生で大学受験のために予備校か家庭教師のどちらが良いのか?迷われている方も多いのではないでしょうか。自力での志望校合格は決して不可能ではありませんが、多くの人が何らかの学習指導、サポートを受けゴールを掴みとっているのが一般的でもあります。

 

そこでここでは予備校と家庭教師の違いに焦点をあてて、それぞれのメリットやデメリットをまとめていますので、今後の大学受験対策の参考としてご覧下さいね!

 

家庭教師で大学受験対策!

 

メリット

  1. 個別指導で分からないことも解決
  2. 生活スタイルに合わせて曜日、時間、回数が選べる
  3. 自分だけのカリキュラムで最短合格を目指す
  4. 現役大学生や卒生から最新の受験情報

 

デメリット

  • 相性が合わない、レベルの低い家庭教師の紹介
  • ライバル、競争意識がない
  • 費用は塾・予備校と比べると若干高い

 

自宅でマンツーマン学習指導できる家庭教師は、たいてい小学生を始め中学生そして高校生を対象としています。そして学校の授業の復習や予習、苦手科目の克服から得意教科を更に高めるなど、それぞれの学力や要望に応じたカリキュラムで目標達成まで導いてくれます。

 

わざわざ交通機関を利用して通う必要もなく、親御さんも送迎や天候なども気にせず、安心して任せることができます。そして大学受験に特化している家庭教師もあり、難関大、医学部受験指導の実績多数としています。またプロ教師専門としている紹介会社もあり、あたりはずれが心配な場合は、多少、指導料は高くなりますが安心してサポートしてもらうことができます。

 

志望大学合格なら予備校?家庭教師?

 

ライバルと切磋琢磨しながら合格を目指すことができるのが予備校の魅力ですが、集団授業ですのでなかなか質問できずに、授業についていけないという生徒もなかにはいるようです。またあらかじめ決まった時間割、年間スケージュルですので、休みや振り替えなどの融通が利くところは少なくいのも難点です。

 

しかし予備校は大学受験専門機関なので情報量は豊富で、合格までのノウハウに基づき安定的に指導が特徴としており、大学受験対策として念頭におく高校生や高卒生は多くいます。また最近では家庭教師、予備校の利点を兼ね備えた特徴をもつ教室も増えています。

 

そこで自分の理解度やレベルに合わせて教えてくれる1対1の家庭教師も捨てがたく、教師との相性がバッチリであれば学力アップ、合格が期待できます。しかしその逆で、相性があわなければ時間、お金の無駄となることも考えられます。

 

また家庭教師だけでなく予備校においても授業に追いつかない、わからないまま終了してしまう人においても、無駄な時間を過ごすこととなります。そこで最近では家庭教師、予備校の良いところをとり大学受験の際に上手く併用して利用する人も増えているようです。

 

大学受験対策でおすすめの家庭教師はココ!

 

  • 難関大学受験を突破した精鋭教師陣、教育プランナーのサポート体制
  • 志望校合格のためのオリジナルカリキュラム
  • 教科・各志望校のスペシャリストが多数在籍
  • トライ式難関大合格コース
  • 塾・予備校との併用プラン

 

全国的に展開しているトライは家庭教師口コミランキングで常にトップクラスの人気を誇り、大学受験指導の実績も多数で、ハイレベルなプロ教師の選択も可能です。予備校と家庭教師は違いはあるもの、受験に精通している講師がいるのはどちらとも同じのようです。